焼杉加工済み「蜂の巣箱(一本丸太)」

| | コメント(0)

今回の商品は「蜂の巣箱」です。

実は最近、「丸太をくりぬいた蜂の巣箱が欲しい」という

お問合せが多数寄せられましたので、「需要がある」

ということで今回2種類の「蜂の巣箱」作りました。

IMG_2561.JPG

直径350*高さ600の静岡県産杉の丸太を使用してます。

高さがあるのでチェーンソーでまず内側に丸く切り込みを入れ、

その後、ひび割れにそって斧を入れてバナナを剥くように

裂き割り、三つに分解しました。

さらにチェーンソーで内側部分を削り落とし、

側の厚みが約40㎜程度、赤身の部分が無くなる程度に加工、

その後内側をバーナーで炙り、焼杉加工を施し再度

ばんせん(針金)で絞め元の状態に戻しました。

IMG_2565.JPG 上から見た様子、フタも杉材を使用して同じように焼杉になっています。

 

IMG_2566.JPGフタは二分割になっているので、中の様子が見易い作り。

上部に乗っている状態なので使用時には重し等を乗せて

使用してください。

IMG_2568.JPG中の様子です、チェーンソーで削っていますが、

見事に綺麗な空洞になりました。

又、チェーンソーの鋸肌が蜂には丁度良い粗さになります。

分解した部分もばんせんで硬く絞めてあるのでぴったり隙間

無く、元の状態になりました。

 

IMG_2564.JPG 肝心の蜂の入り口の様子です。

入り口は天敵のスズメ蜂が入らないようになるべく小さい

穴にしました。高さ6㎜×幅70㎜の穴になっています。

底板には別の丸太の輪切りを使用。

底板はビスで固定しました。

 

「蜂の巣箱(大)」

¥13.800(税込)*送料別途

size 高さ660 (深さ550)*直径350 (内径260)

内側焼付け加工済み

*違うサイズも承ります(別途お見積り)

・この商品のお問い合わせは「お問合せフォーム」へ

・この商品の注文は「ご注文フォーム」へ

カテゴリ

コメントする

このブログ記事について

このページは、woodshop-shinmaが2009年6月 3日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広葉樹(薪)」です。

次のブログ記事は「「蜂の巣箱(2段式)」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja