「蜂の巣箱(2段式)」

| | コメント(0)

「丸太をくりぬいた巣箱ありませんか?」というお問い合わせを

数件頂きました。詳しく伺うと「蜂の巣箱」として使うそうです。

最近静かなブームになっているようです。

これは「需要がある」ということで新製品として製作しました。

IMG_2570.JPG

静岡県産の直径320㎜の杉の丸太をくりぬきました。

高さが300㎜程度の丸太を2段積み重ねた構造です。

底板は別の丸太を薄く輪切りにしたものを裏側からビス

で固定してあるので、座りよく設置も簡単。

IMG_2571.JPG 天板(フタ)は中の様子が見やすいよう、2分割の焼杉のフタに。

この上の重し等を乗せてご使用ください。

IMG_2572.JPG 商品中の巣の様子が簡単に確認できます。

 

IMG_2574.JPG二段構造なので巣の状況に合わせて高さを半分にしたり、

さらに重ねることも可能です。

 

IMG_2577.JPG 中身は職人がチェーンソー1本で綺麗にくりぬいてあります。

主に丸太の赤身部分をくりぬき、側の厚みは約40㎜程度に

残して仕上げました。チェーンソーの鋸跡の状態での仕上がりなので、

蜂が巣を作る際に滑ってしまわないよう適度な粗さになっています。

 

IMG_2575.JPG

大事な蜂の入り口は天敵のスズメ蜂が侵入できないように

なるべく小さな穴にしました。たて6ミリ幅70ミリで開いています。

 

「蜂の巣箱(小)」

¥9.800(税込)*送料別途

size 高さ680 (深さ600)*直径310 (内径220)

無塗装

*違うサイズや色違いも承ります(別途お見積り)

・この商品のお問い合わせは「お問合せフォーム」へ

・この商品の注文は「ご注文フォーム」へ

カテゴリ

コメントする

このブログ記事について

このページは、woodshop-shinmaが2009年6月 3日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「焼杉加工済み「蜂の巣箱(一本丸太)」」です。

次のブログ記事は「桧松葉焚き箱「お焚きあげ箱」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja